FC2ブログ
愛ネコ6匹&愛ウサギ1+ときどき保護ニャン+猫シェルターボランティアの様子を綴っています。
マメちゃん避妊手術
2013年08月28日 (水) | 編集 |
 
IMG_2142.jpg
マメちゃんだけ朝食抜き  文句ブーブー


IMG_2340.jpg
1匹で病院へ行くのは初めて・・・ 不安で車中ずーっと鳴いてました
鳴きすぎたのか、口開けてハァハァいっちゃって
これから手術なのにぃ~ 体調崩さないでよーー


男の子達は日帰りでしたが、女の子は1泊
状態が良ければ日帰りでもOKと言われましたが、
前4ニャンのバニラちゃんを手術した時、日帰りで帰宅後
兄妹達がちょっとでも触ると「シャー」いって 痛くてうずくまってたので
ゆっくり静養出来るよう今回の子達は1泊でお願いしました。


DSC_0932.jpg
1泊して帰宅した様子
子猫達のパパ代わり チビコニが心配そうに駆け寄ってます


DSC_0934.jpg
みんニャに臭い嗅がれて しばらく動けずのマメちゃん(笑)


DSC_0935.jpg
今回の病院は、かかりつけ医ではなくボランティア先の獣医さんにお願いしていて
初めて術衣を着て帰宅。 抜糸はなし。


DSC_0960.jpg
先生から 1つ問題ありと・・・
マメちゃん皮下脂肪+内臓脂肪が多いって 
もう子猫用フードも卒業して、ダイエットフードを進められちゃった
食事は1日の量 ドライフードで80g と決して多くはないはずなのにぃ。。
兄妹達の中で一番小さいマメちゃんがぁ??
先生は、この子の体質だろうって。
成長が遅い子はそんな子が多いとか・・・?
他の兄妹達も去勢・避妊をしたら、もう大人フードへ切り替えて下さいって言われちゃった。
うぅ・・・昨日ロイヤルカナン(キトン)を10㎏も注文したばかりなのにぃ
はて、どうしたもんか。。



DSC_0942.jpg
兄妹っていいね~ そっと寄り添うんですよね 


DSC_0964.jpg
テンもマメちゃんの毛づくろいしてあげて 優しいなぁ~
兄妹がいるなら生後4カ月くらいまでは一緒にいさせてあげた方が良いと
獣医さんからも言われているので
こうした姿を見ていると遊びもそうだけど、思いやる気持ちも覚えてくれるんだなぁと思いました。



DSC_0954.jpg
痛がる様子もなく、遊んだりしてるので術後は良さそう
術衣は明日まで着用
今日はゆっくり休みましょうね。

明後日 8月30日 ナツちゃん避妊手術予定です。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





スポンサーサイト




近況報告いただきました
2013年08月26日 (月) | 編集 |
初代4兄妹のモカくん・バニラちゃん(旧シポくん・エムちゃん)の
お家から近況報告届きました。


ママさまより、8月25日を モカくん・バニラちゃんのお誕生日にされたそうです。
2012年9月15日に保護した時 生後3週目だったことからこの日になったそうですよ。

モカくん・バニラちゃん1歳のお誕生日おめでとう

もう1年になるんだなぁ~と思うとアタフタしていた日々が懐かし~
お写真送って下さったのでご紹介しまーす


06.jpg
ひんやりシートの下に潜っちゃってるモカくん 気持ちいいのかなぁ?
(ひんやりシート人間用なんですって、ペット用はまったく使ってくれないとか・・・なんで?)


03.jpg
バニラちゃん気持ち良さそうな寝顔


04.jpg
モカくんは大股開きでよく寝てるんですって お姉ちゃんにはオッサンと言われちゃってるそう(笑)


02.jpg
いつも仲良し  幸せいっぱいです

前回はイタズラで大変そうでしたが、今はお留守番も出来るようになったそうです。
バニラちゃん&モカくんをシャンプーされたそうですが、バニラちゃんが大暴れして
ママさま腕に引っ掻きキズ出来ちゃったそう。。
バニラちゃんは我が家へいるときから爪切りが苦手で現在も苦手は変わらずだそうです。




懐かし写真(モカくん・バニラちゃん生後1カ月くらい)
写真 (2)
トイレトレーニング中のモカくん とっても上手に出来た事覚えてるよっ


写真
こちらもトイレトレーニング中のバニラちゃん  可愛すぎ~



ママさま近況送って下さってありがとうございました。
と~ってもと~っても癒されました。
保護ニャンが増えてバタバタの毎日ですが、兄妹達を見て頑張ろうって元気をもらいました
モカくん・バニラちゃんを幸せにしてくださってありがとうございます。







にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


最近のケーナちゃん
2013年08月25日 (日) | 編集 |
毎度毎度、バタバタしている日々
そんな時には、うちの子達が癒してくれる
今日はケーナちゃん特集~

ケーナちゃんは8月上旬、お尻を擦る行動が見られたので
また肛門嚢の溜まってきたのかなぁと思い 8/5に病院で絞ってもらいに行きました。
気になることもあったのでこの機会に血液検査もしてもらうことに。


kou_000101-thumb-480x380-375[1]
ケーナちゃんにモデルになってもらおうと思ったけど、女の子のお尻の穴を公開するのは
ちょっと可哀相なので・・・
ネットからわかりやすそうなものを引用してきました。
肛門嚢は溜まり過ぎるとお尻の脇辺りから穴が開くほど破裂することもあるんです。
シェルターにいるうばちゃんが数カ月前大破裂していてビックリしたほど痛々しかった。。
ケーナちゃんは1年前くらいにも一度お尻を擦る行動があったので診てもらったら
だいぶ溜まっていたので、今回も同様溜まっていました。
絞る際には痛みがあるみたいで、私の手を少し噛みながら耐えていました。
お尻を擦る行動が見られる子は溜まっている事がありますので病院で診て頂くといいと思います。



IMG_2338.jpg
血液検査の結果
写真では小さすぎて見えませんよね。。 こらして見れば見えるかも?
少し前、ガクンと体重が減った時期があって 現在は戻ったのですが
ちょっと心配だったのでこの機会にと検査。
赤いペンで塗られている部分が数値高いところ。
ちょっと多い気もしますが、先生的には経過観察で良いそうです。
ただ、時々体重を測定するようにして、食べているのに体重が減るようなら受診とのこと。
猫ちゃんにとって一番心配な腎臓などの数値には問題無しでした。


DSC_0692_201308242225129e8.jpg
以前手術したアゴもその後、デキモノも出来なくなり綺麗です。



DSC_0806.jpg
ケーナちゃんはチビコニをよく可愛がってます。



DSC_0896.jpg
というのも、チビコニもケーナお姉ちゃんが大好き



DSC_0913.jpg
ケーナちゃんの頭、チビコニに舐めまくられビショビショ。。
それでも嬉しいケーナちゃん。



DSC_0709_20130824222356c7d.jpg
コニたんと一緒にくつろぐケーナちゃん



DSC_0611_2013082422251175b.jpg
子猫達とも仲良く・・・してくれてますが、ちょっとしつこくされると
シャーして怒っちゃう
そうそう、時には厳しくそして優しく ねっ



DSC_0711_20130824222358ac9.jpg
ケーナちゃんは最近100均のじゃらしが大好き  この狙い目姿も可愛い~



DSC_0717.jpg
じゃらしを振りまくると、このジャンプ!!  早すぎてブレてますが、大ジャンプ



DSC_0776_2013082422240276f.jpg
私には、カメハメハーー!!されて飛んでるみたいに見える(笑) 



DSC_0799 (2)
楽しくって興奮すると、たぬきのしっぽになっちゃの 可愛いね~



DSC_0706.jpg
お気に入りのじゃらしを持って満足ポーズ

現在の体重3.9㎏  フード=セレクトプロテイン(ダック&ライス)+消化器サポート(可溶性繊維)
吐き戻しが多かったケーナちゃん、アレルギー用フードに切り替えてから吐き戻しが
1カ月に1度程度になり、夜鳴きも現在ストップ中、出来やすかったアゴのデキモノもできなくなり
フードを切り替えてから良い事だらけ。
ケーナちゃんフードが見つかって本当に良かった
元気いっぱいでーす。







                                    


保護ニャン+1増える
2013年08月22日 (木) | 編集 |
昨日、記事作り間に合わなかったわ。。
取り急ぎ一昨日、保護子猫を載せておきましたが
実家に1泊預かってもらい昨日我が家へ移動してきました。
そのまま実家で預かってもらっても良かったんですが、
日中子猫の世話が出来る人間がいないので
治療が必要な状態だし、心配で実家へ何度も見に行くのも面倒なので我が家へ。
昨日、ボランティア後に子猫を午後診療へ



IMG_2302.jpg
それにしても ほとんど車中でも鳴かない大人しい子です。



病院=診察
IMG_2296.jpg
生後約3カ月の女の子
痩せていて、お腹だけがポッコリ・・・栄養不良・風邪・腸のガス溜まり
毛並みもボサボサ、ノミは糞らしきものはあるようだけど、ノミの確認はなし。
気になる首周りを先生に聞いてみる。
私:「体格からして不自然に首が細く、毛も首周りだけ短いのは?首輪してたのかなぁ」
先生の推測は、以前飼われていて首輪を長い間付けていた 又は
いじめられて(虐待?)首周りに何か長い間巻きつけられていたのか??

これだけ人慣れしているから 必ず人の手が入ってるはずだし
外傷はないものの・・・不自然。。 以前飼いネコだったとして 首輪を長い間って・・・
まだ生後3カ月だよぉ
そんな子にしっかり首輪をするなんて ゆるくならまだしも
あれだけ毛が短くなるほどガッチリ締め付けてたのなら 苦しかっただろうにぃ



IMG_2297.jpg
とーっても大人しく採血できました。



IMG_2300.jpg
本日は 取りあえず血液検査(猫エイズ・白血病)=陰性 
駆虫薬をして帰宅。



IMG_2298.jpg
不思議な毛色の子でしょう?
この毛色はなんて言うのでしょう?  どなたかご存じでしたら教えてくださ~い。



病院から帰宅後、我が家にはケージの予備がない・・・
血液検査はクリアしたけど、駆虫薬投与中・風邪治療があるので
念のため1週間以上は隔離しなくてはならないだろう。
先日購入したキャリーケースでしばらく過ごしてもらおうと思ったけど不便だし狭すぎるぅ
ノミダニ駆除もまだなので、保護部屋(寝室)をフリーにはちょっと出来ず。。
パパさん:「どうせ今後もまた保護するんでしょう?」
なら、予備としてケージ買っておけばって  アハー パパさんお見通し(笑)


DSC_0871.jpg
てことで、急遽ホームセンターへ走り
折り畳み式ケージを購入です。



DSC_0879.jpg
ケージの大きさは、ケーナちゃんがモデルになってくれました。 あっチビコニもいた!!



DSC_0887.jpg
ケージ内をセッティングしていたら、オシッコしたそうにしていたので
急いでトイレだけ入れてあげたけど、覗くだけ。



DSC_0889.jpg
ちょっとだけキャリーで待っててもらって必要最低限をケージ内へ並べてみた。 
ところが!! ケージ内を準備している間にキャリー内でオシッコ&ウンチしちゃった
トイレちゃんと使えるか確認したかったのにぃ
立派なウンチが出たので良しとしましょう。。(虫の確認なし)
かなり臭ったなぁ。。 何食べてたんだろう



DSC_0895.jpg
爪とぎを入れてあげたら嬉しそうに、蹴り蹴りしながら上手に爪とぎしてました。
風邪で結膜炎あり=目薬    風邪薬=抗生剤処方あり
錠剤のお薬・目薬上手に大人しくさせてくれます。
トイレは今日も使ってくれず、シートの上でオシッコ。。
ん~・・・おトイレトレーニングが必要みたい。



病院の診察室でチョコット撮り

一生懸命 毛づくろい キレイ好きちゃんなのね





DSC_0893.jpg
伯母の庭に突然現れた子、よっぽどお腹空かせて辿り着いたんだね。
どこから来たの? 小さい体でずいぶんお外を歩いてたみたいだね。
この暑いなか 1匹でよく頑張ったね。
うち猫ちゃんいっぱいだけど安心して静養して
元気になったら、いっぱい遊んでくれる お兄ちゃんお姉ちゃんがいるからね。



家ウサギ1+家猫3+保護猫兄妹4+新保護猫1=9匹  

大丈夫か?? イヤ大丈夫じゃない気がするぅ
頑張ろう




実家にいる姪っ子ちゃんは昨日いた子猫ちゃんがいないことに猫は?猫は?ってうるさいみたい。
一応病院ってことになってるらしい。。
すでに実家で飼ってもいいと言ってくれているが・・・ 判断に悩む。。
しばらくは我が家で体力をつけてから考えるとします。









男の子達去勢完了!+新保護猫ちゃん
2013年08月20日 (火) | 編集 |
今日病院に無理言って2匹(テンくん・マロくん)を去勢手術お願いしてきました。
今回病院は、たんぽぽの里(シェルター)の御用達先を紹介して頂きました。
市の助成金も間に合って格安で手術を終えることが出来ました。

まぁ、よく鳴くメンズニャン達で・・・車内は大合唱でした。。
朝ごはん抜かれてお怒りだったようですぅ


IMG_2264.jpg
手術から帰ってきたところ
麻酔のかかりも、麻酔の切れも良かったそうで特に問題なく終了したそうで
帰宅してからも、元気いっぱいでした。
キャリーにはまだテンとマロが入ってます。
在宅組にお出迎えされてるとこでーす(笑)


IMG_2286.jpg
ご飯もモリモリ、一応今夜はご飯少なめの指示が出てます が、もっと出せ~!!
と抗議が止まりません
遊ばして気を紛らわせてもらってます。。
女の子達は1匹づつ来週から避妊実施して行く予定。





さて・・・・今日はもう一つご報告

夕方1本の電話
珍しくいとこの伯母さまから。。
伯母:「庭に小さい子猫が来てるんだけど・・・どうしたらいい?」
私 :「捕まえられそう?写真撮れたら送って何カ月くらいか知りたい」
そんなやり取りをしながら、テンとマロを迎えに行ったりして
18:30頃 伯母から「捕まえた!すんなり捕まえられた」(笑)と連絡入る
さて、伯母は高齢ですでに高齢猫2匹飼っているし、子猫をみるのは無理と。。

パパさん帰宅後、疲れているのに伯母の家まで子猫受け取りに付き合ってくれたの(ありがとう~)
当初我が家での受け入れを考えたけど、今日去勢したばかりの子2匹いるし、
現在パパさんもお仕事が大忙しらしく毎日長い残業でヘトヘト。
寝室を保護部屋にしてリビングで寝てもらうのも申し訳ないしぃ
今夜は、実家に一時保護をお願いしました。


今日保護の子ニャンです
IMG_2274.jpg
可愛い女の子ニャン  生後約2カ月半~3カ月くらい
凄いゴロゴロスリスリな子。 草むらを歩いているのか小さい枯れ草が
毛にいっぱい絡みついていました。 ノミの糞も確認。
痩せていて少し脱水がある状態 目の瞬膜が少し腫れているので風邪を引いているのかな。。
緊急性はなさそうなので、今夜は様子見です。
そして、少し気になる点が・・・首周りがちょっと不自然に細く毛も薄い。。
ん~何か長い間巻かれていた? 明日先生に聞いてみよう・・・


IMG_2272.jpg
不思議な毛色の子です。鳴き声もキャワイイ~ 
と~っても大人しく爪切りもさせてくれる子です。

今夜と取りあえず実家へ一泊
明日の病院で検査結果次第ではそのまま実家で保護をお願いするかも。。
体力付くまで我が家でと私は思っているんだけどぉ~検討中。。

子猫ちゃん 病院後の様子を間に合えば明日また載せます。




おまけ
伯母家の猫達
IMG_2276.jpg
ミーちゃん 推定13歳くらい  推定体重8キロくらい
まぁ、この子はまったく人慣れしていない凶暴猫ちゃん
伯母だけが触れる子なのですぅ。。私はいつも猫パンチくらいます(笑)


IMG_2281.jpg
いとこの兄ちゃんに抱っこされてる まりおくん 推定15歳 推定体重9キロくらい
この子はどんなにイジッテも平気な子。
このうちの猫達はたっぷり食べさせてるため、とにかく大きい・・・いや、デブちん。
最近2匹とも年を取ってきたから食べなくなったと言うけど、デカイ 
また会いに行くね~






幸せの準備整ってまーす
2013年08月19日 (月) | 編集 |
友人から最近保護っ子達見てないなぁとリクエストがあったので
先に保護っ子4兄妹達の様子を載せまーす


子猫の成長はあっという間・・・  そろそろ生後5カ月を迎えます。

DSC_0811.jpg
みんニャ大きくなったでしょう 


DSC_0819_2013081912114515d.jpg
キャットタワーも大好き
お外見たり遊んだりして楽しんでるの。
ずーっとのお家にあるといいね~


DSC_0812.jpg
ナツちゃん。 「爪とぎだって上手だよー」って言ってます が・・・
ナツちゃんは保護部屋のカーテンに登りまくるのですぅ
リビングや他部屋のカーテンは何故か登らないのに。。


DSC_0825.jpg
マロくん ♂
だいぶキリッとして男前になりました。
角度によって眉毛があるように見えるのも健在。 白い毛色がとっても綺麗です。


DSC_0838.jpg
テンくん ♂
パワフルボーイ! とにかく甘えん坊くん。
飛び乗り抱っこが得意なの。


DSC_0844_20130819121231eb8.jpg
マメちゃん ♀
小柄だけど、走るのは早い!最近特に甘えるようになってきました。
毛並みがツヤツヤピカピカ


DSC_0833.jpg
ナツちゃん ♀
三毛は気が強いってよく聞くけど、ナツちゃんはそんなことないですよん
人間にも大人猫にもゴロゴロスリスリ 抱っこも大好き


IMG_2191.jpg
こちら、パパさんがお風呂に入っているとワラワラと集まって来て待ってるの。
待ってる理由は遊んでもらえるから
一番左・・・チビコニまで一緒に参加してるのが笑えるでしょう?


IMG_2187_20130819124944613.jpg
7匹勢ぞろいでーす 
コニーもケーナもナンダナンダ??って   風呂場前は大混雑(笑)


ちゃんと撮りましたよ~動画!!

可愛いですよ~  はいはい、親バカです 


そろそろ去勢・避妊を実施していく時期になって来ました。
順番に行う予定です。
4兄妹人見知りはありますが、1時間もすれば慣れる子達です。
ベタベタの甘えん坊さん達ですよ。
優しい里親様からのお問い合わせお待ちしております










最近のコニたん
2013年08月16日 (金) | 編集 |
すっかりご無沙汰中の我が家ニャン達 順番に近況を載せて行こうと思ってます。
今回はコニたん

まだまだベッタリ甘えん坊のコニーちゃん
イタズラも減って、落ち着いてきてはいるけど。。

DSC_0574.jpg
姪っ子ちゃんが遊びに来た時用のボール(100均で購入)をみつけ
最初は転がして遊んでいたコニたん。。
そのうちガジガジかじりだして


DSC_0575_20130815220424c24.jpg
こんな状態


DSC_0576.jpg
酷い・・・
ボールの素材がビニール系じゃなくウレタンっぽいのでボロボロと・・
すぐに片づけないと、破片を食べてしまうので即撤収 ボールは廃棄


DSC_0609_20130815220428b1a.jpg
子猫達がリビングデビューしてから2週間後くらいに やっとコニーのシャーがなくなりました。
今では毛づくろいしてあげてる時もあるほど仲良しになってきてます。
それでも子猫達のパワフルな遊びにはタジタジ(笑)


DSC_0615_201308152205397ab.jpg
これは朝、保護部屋からリビングへ子猫達が出てきたときの様子
みんニャ必ずお姉ちゃん・お兄ちゃん達に挨拶へ行きますよ。


DSC_0593.jpg
はい!毎日の日課 抱っこタイム
甘えっぷりは子猫達に負けない


DSC_0690.jpg
現在の体重 4.3㎏ これ以上太らないように 
食事は カルカンパウチ半量+ロイヤルカナン(ステアライド)又はメディファス(毛玉サポート)
にしてるけど、食欲旺盛。
最近ダラダラしている事が多いから じゃらしで遊んで運動頑張ろうね。。
ケーナちゃん最近血液検査受けて来ました(その事は後日ケーナ特集で・・・)
コニたんは特に健康で気になる点は今のところないけど、
1年に1度くらい血液検査(健康診断)しておいてもいいかなぁと考え中。







猫達のために
2013年08月14日 (水) | 編集 |
【お知らせ 動物愛護センターに収容されていたウサギさんは無事保護されました。
拡散にご協力頂いた皆様ありがとうございました




昨日、我が家からもそう遠くない喫茶店の一角で保護猫達のためにとバザーが開かれています。 
ボランティア先のたんぽぽの里(猫シェルター)も出品するとのことで
パパさんと覗きに行ってきました。

1011406_324045467727121_730272794_n[1]
写真にもあるように、売り上げは保護猫達のために使われます。


t02200293_0360048012639159710[1]
シェルターでも使っている沐浴剤 下痢気味なニャン達の下半身を洗ったり
沐浴後はと~ってもいい香りなんです。


t02200293_0360048012639159024[1]
人間用の手作り石鹸 肉球や猫の形していて可愛いの
その他に、猫雑貨や手作り雑貨もたくさんありました。猫好きにはたまりません


DSC_0686_20130814222336cd3.jpg
私達はこちらを購入してきました。石鹸は猫の形をしたもの。
猫の置物とレトロな猫看板はパパさんが気に入って購入。


DSC_0683_2013081422233506d.jpg
猫の置物は チビコニになんか似てるってことで即買い(笑) 
300円なんですよっ 安っ!!

IMG_2204.jpg
レトロな猫看板は玄関の脱走防止柵に取りつけてみた。 
書いてある意味は気にせず ただ可愛いってことで 


IMG_2173.jpg
バザーをやっていた喫茶店でちゃっかり アイスコーヒーを飲みながらくつろいできました。
水出しコーヒーのお店。
手作りのステンドグラスがたくさんあって 落ち着ける雰囲気で気に入りました。


IMG_2172.jpg
この喫茶店は色々な方の手作り作品を置いてあって、展示しながら販売もしているようです。
手作りの万華鏡もあって 凄く綺麗で二人ともハマってしまいました。


IMG_2174.jpg
覗き穴から写メで撮ってみました。 綺麗でしょ~


IMG_0825.jpg
マスターともお話出来て、この観葉植物を突然プレゼントしてくれました。
サンスベリア(スタッキー)というものだそうです。 マスターいわく珍しい植物だそうです が??
枯らさないよう頑張ります・・・






たんぽぽの里 猫シェルターからのお願い

たんぽぽの里  シェルターニャン達のご紹介動画  是非ご覧ください  (拡散歓迎)

★【拡散希望】  おちびちゃんを助けるために協力お願いします。







希望・悲しみ・落胆・怒り
2013年08月10日 (土) | 編集 |
しばらくブログを更新できず
その間ご訪問してくださっている方もたくさんいて・・・ありがとうございます。

まずは、前回の記事ではウサギさんが動物愛護センターに収容されている情報を載せ
拡散協力をお願いしまして、ウサギブログをお持ちの方々が拡散に協力下さいました。
感謝感謝です
そのウサギさんですが、すみません現在状況が把握できない状態で 近々情報収集して
現状をお伝えしたいと思います。
ボランティア先である たんぽぽの里代表のお話では、すぐには処分対象にはならない事、
また、ウサギ&小動物専門の保護団体又は個人ボラさんがいるそうなので
その方々が気付いて引き出してくれるかもしれないそうです。 (どうか気付いてくれてますように・・・)




ここからは、タイトル通りここ数日で起こった出来事を綴ります。
希望・悲しみ・落胆・怒り
ダラダラと長くなると思いますのでご了承ください。又、記録の為に書きとめます。

前回のブログに出産したばかりのママニャン+生後間もないベビーニャンがシェルターへ来た
写真を掲載しました。
IMG_2048.jpg
ママニャンはセンターに収容されている時から風邪が酷い状態。
ベビーニャンに影響が出ない程度の投薬などをしてママニャンの回復を優先にした結果
状態は良くなって来てたけど、ベビーちゃん達の体重が異常に少なく
ママニャンのお乳があまり出ていないこともわかった。
(ベビーちゃん産まれた時から小さかったそうです)
この時ベビーちゃんは生後約10日目 一般的な標準体重は180g 
ところが、ベビーちゃん達は81g~120g程度しかなく大変危険な状態
急遽、人工授乳を開始したが、ママニャンの風邪がベビーちゃん達に移っているようで
鼻水が出たり更に状態が悪かった。。

(7/31)私の中で葛藤が始まった。。 しばらく預かってみようか・・・
代表の自宅では現在、ベビーニャンは入れられない事情があり 
それでこの親子はシェルターに居る状態でした。
ママニャンのお乳があまり出ていない今、ベビーちゃん達には2~3時間おきの授乳が必要になる。
このままスタッフ不在時間があるシェルターに置いておいたらとても危険。
当初はベビーちゃんだけでも・・・と思ったけど
一時保護してくれるなら、ママニャンとセットでお願いしたいと代表からの意向を聞き
かなり厳しい状態だけど思い切って、丸ごと引き受けることに決めた。


7/31 21:00過ぎ頃 シェルターへ ベビーニャンの授乳へ来た時の様子
842.jpg
ママニャンはまだ風邪が完治せず、鼻水ズルズルでした。


855.jpg
ママニャンとかろうじて100gあるベビーちゃん2匹はこの夜シェルターに残ってもらい
翌日我が家へ移動することに。
ママニャンには シリンジでa/d缶を強制餌
ベビーちゃん達は人工授乳


860.jpg
シェルターで体重をはかり、100g満たないもっとも危険な子を先に3匹我が家へ移動することにする
この時から2~3時間おきの授乳が始まる。 不思議と緊張感があるせいか寝不足を感じなかった。


(8/1)ところが、我が家へ移動した翌朝 AM5:00頃 1ベビーちゃんが虹の橋を渡った。。
一番体重の少ない81gの子で、状態も一番悪かった。
代表に、「こんなに早く逝ってしまうなら無理してママニャンから離さない方が良かったかなぁ。。後悔」
とお話したら、
「保護活動は正しいことの判断がとても難しい。仔猫達のために良かれと思って行動した事に
悔いることはないよ。辛い思いさせてゴメンナサイ・・・」
 と言葉をかけてくれた。
そう、まだまだ頑張らなければ


夕方 ママニャンとベビーニャン2匹を自宅へ移動
ベビーちゃん達の状態は1日1日とまた体重が減っていて、もう瀕死な状態といえる。。
それでも、希望を持って2~3時間おきの授乳を始めました。
4匹に授乳をしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。
ゆっくり、ゆっくり授乳をするので みんニャ飲み終えるのに1時間半はかかるぅ。

更にママニャンには毎日の点滴が必要で、私はまだ猫ちゃんに点滴をした事がないので・・・
私にそんな技量はないぞ!!と思ったけど、
何事も経験。やってみるしかない!と 代表に教えてもらい1日1回150~200ccの
点滴を自宅ですることに。。
これがドキドキもので・・・なかなか点滴の針が上手く刺せなく 
なんと! 私、ママニャンに5回も刺してしまったのですぅ お恥ずかしい・・・
ママニャンは嫌がりもせず、怒りもせず 私のヘタッピな初点滴に耐えてくれてました。。
代表に報告したら大笑いされた   アハッ


863.jpg
頑張れ!頑張れ!

一生懸命 口を動かしミルクを飲んで生きようと頑張ってくれていた
しかし・・・
8/2 19時頃 1匹 永眠
8/3 深夜1時頃 1匹、永眠  早朝4時 1匹・・・と立て続けに3匹虹の橋を渡った。
残り1ベビーニャンとなった
悲しみをこらえて ママニャンと残り1ベビちゃんの世話をする。

8/3 ベビちゃん達との別れを惜しんでいる間にママニャンの様子が気になる。
早朝から鳴きやまず、ベビーちゃんのそばを離れ部屋を歩き回ったり
窓際から離れなくなる。
完治出来ない風邪が更に悪化しているように目がウルウル、鼻水ズルズル
頭、体を触ると熱い気がしたので、すぐ体温を計ってみたら、39.6℃あった。
代表は別件の緊急事案のため、代表の指示でママニャンとベビーちゃん1を連れて病院へ
そこでママニャンの血液検査や抗生剤などの処置をしていただくが・・・
血液検査の結果白血球が異常に低いことが判明。
872.jpg
主治医から思いもよらない言葉が出た。
「パルボの疑いがある」      頭が真っ白になった。
猫 パルボウイルス感染症(ネット上から引用)←こちらにわかりやすく載っていました。
猫を飼育されている方ならこの感染症の怖さを耳にした事があると思います。
でもママニャンにはパルボ特有の症状が出ていない。(下痢、嘔吐、貧血など・・・)
血液検査でも白血球のみ異常減少が見られるだけ
そして確定でもない仮定の診断、現段階はグレーな状態だと主治医は言う
グレーならば黒だと思って、対処する方が良いという見解。

早急に代表へ連絡を取り、主治医を含め今後を話し合ったが、
我が家には、家猫+保護仔猫がいるため 私はパニックになってしまった
自宅では、ママニャン+ベビーちゃん達はしっかり保護部屋で隔離はしていた。
風邪を引いていたので、保護部屋を出た後はしっかり手洗いをする程度はしていたが
パルボウイルスならばこんな対処方法では間違いなく他の部屋にも菌をばら撒いてしまっているだろう。
とにかく、うちの子、保護仔猫達の事で頭がいっぱいになってしまったが、
3種混合ワクチンにパルボウイルス感染症は対応しているとのこと。
保護っ子4兄妹は1回目のワクチンしかしていないので心配でしたが、受けていないよりマシ
たとえ、感染しても重症化しないでしょうと主治医が言ってくれた
念のため、午後一番で4兄妹の2回目ワクチンをしていただくことにした。

少し気持ちが落ち着いたところで、今後の話しになった
正直、グレーな状態のママニャン達を自宅へ持って帰ることはとても怖かった。
どんなに衛生管理をしても、臭いも目にも見えないウイルスを防ぐ事が出来るのか自身がなかった。
代表と相談の結果、ママニャンとベビーを一時シェルターへ戻す方向になった。
でも、ベビーちゃんを一緒にシェルターへ戻すということはスタッフ不在時間授乳はどうなるのか?
パルボならば母子感染しているだろう・・・ でもどうしてもベビちゃんを手放せなかった。

代表と話し合い ママニャンはシェルターへ一時移動し、のち代表宅へ
ベビーちゃんはそのまま私が引き受けることにした。

873.jpg
ベビーちゃんは、脱水があるので点滴処置・インターフェロン投与がされた
こんなに小さいのにインターフェロンなんて体が耐えられるんだろうか。。
それでも必要な処置、頑張ってと祈る思い。


病院から、念のためパルボウイルスなどに有効な殺菌剤をいただく
隔離部屋はもちろん、ほとんどの部屋を殺菌する必要があるが・・・正直限界もある
保護部屋・部屋前の廊下・玄関などは特に重点的に散布し消毒する
シェルターで普段から使っている スーパー次亜水(強力な殺菌液・パルボウイルスにも対応)
も貰い殺菌しまくった。
殺菌した保護部屋で、新たにベビーちゃんの世話が始まる。
夜、代表がママニャンの便からパルボウイルスチェッカーの結果報告が来る。
IMG_2128.jpg
マイナスの結果が出るも ママニャンはワクチンを打っているのでパルボ診断が確定出来ないらしい。
血液検査をしても確定にはならないそう。
ということは、グレーなままとなる。 
異常な白血球の減少は、酷い風邪で5日間抗生剤投与+出産による体力の消耗・
環境によるストレスなども十分に考えられる
心配している私に、代表が一緒に収容されていた、ママニャンの兄弟+子供達もパルボチェッカーで
検査してくれたが陰性が出ている。
後は、我が家の子達の様子を見て行くしかない。
もしも、もしも感染してたなら発症するまでに7~14日潜伏期間があるらしい。 
それまでは注意して見守るしかない。



病院から帰宅後、ママニャンのいない1匹だけになったベビーちゃん
ミルクも順調に良く飲んでくれていました。
心配で2時間おきに様子を見たり、飲みそうなら授乳をしていきました。
この子だけでも頑張ってほしい、いや絶対助けたいという思いで名前を付けた。
麦わら柄の子だったので こむぎちゃんと名づけました。

8/4 AM5:30~授乳していると、ミルクの吸いが悪い 心配。。
時間が経つにつれ呼吸が浅く、口で呼吸するようになってくる。
嫌な予感
楽な体制を探して様子を見るも、状態が危険だと私も感じていた その時
小さな痙攣がおきた・・・数分おきに3回
体を摩り、「頑張れ頑張れ」 と声をかけながら涙が溢れた
呼吸が時々止まり、大きな呼吸を2回・・・AM6:45 
眠るように こむぎちゃんは兄弟のもとへ旅立った。

875.jpg
写真:まだ元気にミルクを飲んでいてくれた時の こむぎちゃん(この8時間後永眠)
寝室が保護部屋になっていたので、リビングで寝てくれたパパさんに
報告とともにしばらく泣いてしまった。
助けてあげられなかった悔しさはあるけど、沢山の事を教えてくれた仔達 ありがとう。

今回のママニャン+ベビーニャン達の保護に協力してくれたパパさんにも感謝デス。
ありがとう


  
ベビーちゃん達は、受け入れ時点で代表からもかなり厳しい事は言われていました。
もっと早く人工授乳始めていたら・・・もっとこうしていたらと思うことばかり。
私の体はガックと落胆してしまった。
なかなかPCを開く気にもなれずにいました。
パパさんは私のブログからどなたかのブログを見に行っていたようですが


今も同じ人間からの飼育放棄によるセンター持ち込みが続いていてことに
怒りがこみ上げて来る。
話しでは放棄人の自宅にまだ30匹以上いるとか・・・
部屋の中は異臭などで飼育管理がまったくされていない状態で、本人は車で寝泊まりしているらしい。
想像するのも怖い。。きっと悲惨な状態だと想像はつく。
今回のママニャン+ベビーちゃん達もその人間からの飼育放棄
シェルターも保護が限界です。。



今回は悲しい結果になってしまったけど、たくさん新しい経験をすることが出来ました。
今後、きっと今回の経験が役に立つ時があると信じて、引き続きボランティア活動に参加していきます。
猫シェルター たんぽぽの里(にゃんこ名簿) 応援よろしくお願いします。




追記
今回主治医の思いもよらないパルボウイルス感染症の仮定診断に私もビックリしてしまったけど
現在もママニャンは代表宅で療養を続けて回復に向かい元気に過ごしているそうです。
我が家の子達も元気いっぱい過ごしているので9割・・・ほぼパルボは存在しないと言えると安心しています。
どこにでも存在する菌でもあり、お外の子を保護した時 特に家猫がいるお家は2週間以上は保護猫を
完全隔離する事が必要不可欠であると身にしみて勉強になったtonkoでした。。


さぁ、身も心を復活なかなか訪問出来なかった皆様のブログへ徐々に遊びに行きまーす