FC2ブログ
愛ネコ6匹&愛ウサギ1+ときどき保護ニャン+猫シェルターボランティアの様子を綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メルちゃん永眠
2014年10月22日 (水) | 編集 |
先日、預かり子猫の(メルちゃん)闘病中とお知らせしましたが
10/17 生後5カ月と短い猫生を終えました。
闘病の様子を記録として残していくつもりでしたが書く方が追いつかず・・・
メルちゃんのお世話を優先しておりました。
事後報告ですが記録として残したいと思います。

前回記事以降の様子から(前回の記事はこちらから FIP・・・ )

10/12(日)
朝一で病院受診
腹水 220cc抜水(胸水は少しあるものの抜くほどではないとのこと)
投薬は インターフェロン連日+ステロイド連日
抜水に脱水防止処置 皮下点滴50cc
食欲はちゅ~る1本ずつのみ口にする(7時・11時・15時・18時・1時・・・)

DSC_1242.jpg
病院で診察待ちのメルちゃん
※抜水後は体力免疫ともに下降する傾向があるので注意深く様子をみるようにする

DSC_1282.jpg
もしかしたらフト食べたくなった時に食べれるようにと用意したご飯たち


10/13(月)
自力で口にするのはちゅ~るのみ1本ずつ(6時・9時・13時・17時 )
17時以降は強制給餌に切り替える a/d缶をミルクなどでゆるくし、シリンジで与える
21時(12ml)・1時(12ml)そんなに嫌がらす強制給餌出来る。
立つのが辛くなってきてるよう。 神経系にきている様子がみられる。
※この日早朝、メルちゃんの様子を見行くとベットに失禁見つける。
  トイレにも尿はあるもののやはりトイレへ入るのも辛くなってきたよう。。

DSC_1272.jpg
ちゅ~るだけならなんとか・・・

DSC_1283.jpg
このトイレの段差も辛いようでした

DSC_1289.jpg
やっとの思いでトイレへ行ったのが伺えます

DSC_1290.jpg
まだトイレへ行こうという気力があるのでベビーニャン達用トイレトレーニングに使用している
トレイに変更してみました。
ちゃんとおトイレ行けていました。


10/14(火)
ちゅ~る、朝から拒否 完全強制給餌へ
a/d缶にミルクでゆるくしたもの
(6時=3cc 9時=3cc 11時=6cc 16時=6cc 19時=6cc 24時=6cc
※ほとんど立つことなく過ごすようになる

10/15(水)
強制給餌 a/d+カロリーエース(お水もシリンジから)
(6時=3cc 7時半=5cc 9時=6cc 14時半=19時=6cc 24時半=6cc)
※トイレは頑張ってトイレ内でしてくれている
お水皿に顎をのせてボーとしている姿を発見! 危険と判断して平皿に替える。
腹水が溜まって来てる様子 呼吸も辛そうにみえる

10/16(木)
強制給餌 
(5時=カロリーエース10cc 7時半=カロリーエース6cc 9時=a/d+カロリーエース6cc
15時・21時24時半=a/d+カロリーエース 10ccずつ)
※立っては2・3歩 歩くのがやっと 時々ボーっと焦点が合ってないこともある。
呼吸が早いがもう少し様子みる

DSC_1280_20141021233424985.jpg


10/17(金) 
朝から様子を見るも呼吸か早く辛そうで腹水も溜まってきている
午前中のシェルター掃除を終え 午前診療ギリギリで病院へ
腹水220cc抜水 胸水はあまり溜まっていなかった

DSC_1317.jpg
キレイな写真ではありませんが、記録のため載せました。
溜まっていた腹水です。 FIPの場合黄色い独特な色なんだそうです。
呼吸がいよいよ苦しそうとなって来た時に抜水。
※抜水をギリギリまで待つのは、腹水には身体にとって必要な栄養素や体液なので
 抜いてしまうと急激に弱ってしまう傾向があるため。

自宅駐車場到着直後からキャリーの中にいるメルちゃんの小さな鳴き声がするのに気付く
嫌な予感。。
慌てて確認すると急変が直ぐにわかりました
自宅へ戻り直ぐに酸素器を用意

DSC_1318.jpg
辛そうに鳴く姿に涙が止まらず・・・震える手で酸素器を稼働
代表に連絡。
おそらく、抜水をしたことでショック症状が出たのかもしれない
そう話しながらも 動かす事も出来ないメルちゃんにしてあげらることは
もう見守ることしかできない自分がもどかしいく。。

DSC_1319.jpg
酸素ハウスへ充満させるまで間に合わないと判断し、少しでも苦しくないように・・・
酸素を口元に切り替え様子をみるも
間もなく息を引き取りました


DSC_1331.jpg
息を引き取る時は穏やかでした。
まだ生後5カ月の子です。
300gからお預かりをして兄妹達と一緒に大切に大切に育てて来た子なので
本当に悔しい。
10/19(日)お見送りをしてきました。

DSC_1403.jpg
看病の日々だったので、ポッカリ時間が空いてしまい気が抜けてしまってました。
そんな時、
ケーナちゃんの保護主さまより(tussie-mussie) メルちゃんへ素敵なお花を送って下さいました。
(同じ、FIPの子を看病した経験から色々とアドバイスを下さっていました)
たくさんの猫がいる我が家では生花が飾れないため
お花を飾っていなかったんですが、
そこはさすが、猫達が食べてしまわないようにブリザードフラワーを送って下さいました。
写真の隣に飾らせて頂いて、なんだかホッとしました。
Dopeyさん、素敵なお花とご配慮ありがとうございました<(_ _)>






スポンサーサイト

FIP・・・
2014年10月11日 (土) | 編集 |
ボランティア先である たんぽぽの里(保護猫シェルター)より
お預かりをしている子猫ちゃんが体調を崩しています。

DSC_0349_201410102317425f5.jpg
9月上旬から体調を崩しているのはメルちゃん
ご飯の食べが悪く、最初はフードの味に飽きたのかなぁ?と思っていたけど
日に日に食べが悪くなり、メルちゃんを触るとなんか熱い
自宅の体温計で計ると熱が40℃超えていました。
病院へ直行
以前から成長も少し遅いので心配はしていたんですが、
この時は主治医にも “なんか嫌な感じがするね。。”と話しはしたものの
何かの感染症?かもしれないと
抗生剤などで1週間試したものの熱が下がらず
熱のせいなのか呼吸も早いことを主治医に伝え、
エコーかけてもらったところ、胸水が溜まっていました。
主治医から出た言葉は、「FIP(猫伝染性腹膜炎」の疑い
子猫に多い病気でもあります。
シェルターでも毎年FIPの疑いで亡くなる子は少なくありません。
この病気の怖さはボランティアを始めて何度か経験してはいますが、
短期間のうちに亡くなる確率がとても高く治療方が無いとされている病気。
伝染性とあるけど、まだ詳しく解明されていない難病と言っていいと思います。
ネット上より引用(FIPって?)

FIPには ウエットタイプとドライタイプがあります。
症状がそれぞれ違いメルちゃんはウエットタイプのようです。

胸水は呼吸が辛そうな様子を見て約10日間隔で2回に渡って80cc~70cc抜水して、
3回目病院で診てもらった時はあまり溜まってなく30cc抜水してもらった翌日
少しお腹の膨らみにも気付く・・・
まさか胸水・腹水ダブル そのまさかです
病気がどうのではなく、
どうしたらメルちゃんが苦しいおもいをしないかばかりを考えていました。。
(確定診断はしていませんが主治医より胸水、腹水の状態をみても限りなくFIPと診断)

DSC_1164.jpg
腹水が溜まり始めた頃のメルちゃん、少し腹部がプックリしています。

食欲も少しあったり無かったり・・・ 毎日日替わりで新しいドライフードやウエットフードを開けまくり
食べてくれるならなんでもいい!!
DSC_1173.jpg
今はフリーズドライのささみがお気に入りで、a/d にふりかけると食べてくれてます。
あとは困った時のちゅ~る! どうにも食欲がないときちゅ~るに頼ります。


DSC_1175.jpg
食べてくれるとホッとします


DSC_1183.jpg
保護部屋では、ルックとビスが一緒ですが 私が保護部屋にいない時間は
念のためメルちゃんはケージ。。


DSC_1184.jpg
遊び盛りのビスが具合の悪いメルちゃんにタックルしちゃうの。
空気が読めないのは子猫だから仕方ないですね (-.-)


DSC_1169.jpg
腹水で日に日に大きくなるお腹を見るのはとても辛い。。
経験上、腹水が溜まって来ると、上記写真のような独特のスタイルをすることが多く見られます。
この体制が楽なんでしょうね。。
毎日、メルちゃんを撫でながら腹水胸水無くなれ無くなれと呪文のように唱えていますぅ
今は インターフェロン、抗生剤、ステロイドで様子をみています。
でもこれらは、対処療法で治すための治療ではなく緩和療法です 
切ない・・・


DSC_1154.jpg
ストレスになる病院通いは極力少なく メルちゃんが辛そうなら受診。
今日、夕方から辛そうな様子を見せてます。(尿の色からして黄疸も進んでいる様子)
ちゅ~るだけ口にしてくれたので、明日朝一で受診予定。
今夜急変しないことを願いつつ・・・見守ります。
明日は姪っ子の運動会があり、行くと約束しちゃって
行かないと不貞腐れるので・・・
よっぽど悪い状態でなければメルちゃんの様子を 旦那ちゃんにお願いしますぅ。

どうか、どうか穏やかに過ごせるよう願うばかりです



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村





朝から仲良し
2014年10月10日 (金) | 編集 |
よい天気☀
今日はスマホから投稿。
先週からお義母さんが入院で、病院の行き来があったり、たんぽぽの里から預かりをしている子猫ちゃんが体調を崩し看病と重なり、シェルターもお休みしていました。
(預かり子猫ちゃんの事は後日記事にします)

ボランティアは昨日から復帰!
一週間以上お休みさせてもらったので、人手が足りないなかスタッフさん達が協力して下さりました。
シェルターの方は既に子猫シーズンの保護が始まっています。
このところ乳のみが連日入っているようで代表宅にてケアされています。
時期的には早いですね…
今年は真夏でも子猫が入るなど、子猫保護が止まらず来ている気がしますぅ。

さて、さて 今日もこれからシェルターお手伝い行って参りますが、
我が家っ子の可愛い姿が撮れたので、珍しく⁉リアルタイム投稿~🎵


コニー&チビコニ
DSC_1227.jpg


DSC_1229.jpg


DSC_1230.jpg


DSC_1228.jpg

季節も涼しくなってきたらくっつきたいのかな(^-^)
朝から癒されて、ボラ頑張ってきま~す💪



ケーナちゃんの肛門腺絞り
2014年10月07日 (火) | 編集 |
日曜日のこと。。
ケーナさんが私達の前でお尻戦車(お尻擦り)をしたので、
肛門腺かな・・・  
ケーナさんは、年2~3回頻度で絞ってもらってます。 
(猫さんの体質によって溜まりやすい子がいるようです)
今日病院へ絞ってもらいに行きました。
それと食べてはいるのに体重の減りがあるので
健康診断を兼ねて血液検査もしてもらいました。

肛門腺は溜まってました
肛門腺自宅で絞ってあげられたらいいんだけど・・・
何度挑戦してもダメで(^_^;)

血液検査、採血時、ケーナさん嫌がって注射器外し先生に珍しく
“シャー”出ちゃって
念のためカラーしてからの採血でした。。

DSC_1201.jpg
採血結果待ち・・・


DSC_1198.jpg
ケーナちゃ~ん と呼んでも不貞腐れて こっち向いてくれず・・・


DSC_1204.jpg
見えずらいですが、血液検査はクリア
去年検査した時より数値が安定していました。
でも体重が3.86㎏
食べてるんだけどなぁ。。 増えない
吐き戻しは月4~5回はある状態。
先生にも相談して、更に体重が減るようなら再診+バリウムを試してみる?
*吐き戻しの多い子にバリウムをすると胃や腸が一掃されて吐かなくなることもあるとか??
後は、レントゲンなどに写らない異物が何年も胃の中で遊んでいてそれが原因で吐いてる?
なんて事もあったりもするので、一応視野に入れておくことに。。


DSC_1203.jpg
病院から帰宅早々、コニたんがケーナさんを心配して寄り添ってました。


DSC_1208.jpg
ケーナさん、血液検査も良好で 体重だけが心配ですが お尻もスッキリ
様子見て行きます。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。