FC2ブログ
愛ネコ6匹&愛ウサギ1+ときどき保護ニャン+猫シェルターボランティアの様子を綴っています。
FIP・・・
2014年10月11日 (土) | 編集 |
ボランティア先である たんぽぽの里(保護猫シェルター)より
お預かりをしている子猫ちゃんが体調を崩しています。

DSC_0349_201410102317425f5.jpg
9月上旬から体調を崩しているのはメルちゃん
ご飯の食べが悪く、最初はフードの味に飽きたのかなぁ?と思っていたけど
日に日に食べが悪くなり、メルちゃんを触るとなんか熱い
自宅の体温計で計ると熱が40℃超えていました。
病院へ直行
以前から成長も少し遅いので心配はしていたんですが、
この時は主治医にも “なんか嫌な感じがするね。。”と話しはしたものの
何かの感染症?かもしれないと
抗生剤などで1週間試したものの熱が下がらず
熱のせいなのか呼吸も早いことを主治医に伝え、
エコーかけてもらったところ、胸水が溜まっていました。
主治医から出た言葉は、「FIP(猫伝染性腹膜炎」の疑い
子猫に多い病気でもあります。
シェルターでも毎年FIPの疑いで亡くなる子は少なくありません。
この病気の怖さはボランティアを始めて何度か経験してはいますが、
短期間のうちに亡くなる確率がとても高く治療方が無いとされている病気。
伝染性とあるけど、まだ詳しく解明されていない難病と言っていいと思います。
ネット上より引用(FIPって?)

FIPには ウエットタイプとドライタイプがあります。
症状がそれぞれ違いメルちゃんはウエットタイプのようです。

胸水は呼吸が辛そうな様子を見て約10日間隔で2回に渡って80cc~70cc抜水して、
3回目病院で診てもらった時はあまり溜まってなく30cc抜水してもらった翌日
少しお腹の膨らみにも気付く・・・
まさか胸水・腹水ダブル そのまさかです
病気がどうのではなく、
どうしたらメルちゃんが苦しいおもいをしないかばかりを考えていました。。
(確定診断はしていませんが主治医より胸水、腹水の状態をみても限りなくFIPと診断)

DSC_1164.jpg
腹水が溜まり始めた頃のメルちゃん、少し腹部がプックリしています。

食欲も少しあったり無かったり・・・ 毎日日替わりで新しいドライフードやウエットフードを開けまくり
食べてくれるならなんでもいい!!
DSC_1173.jpg
今はフリーズドライのささみがお気に入りで、a/d にふりかけると食べてくれてます。
あとは困った時のちゅ~る! どうにも食欲がないときちゅ~るに頼ります。


DSC_1175.jpg
食べてくれるとホッとします


DSC_1183.jpg
保護部屋では、ルックとビスが一緒ですが 私が保護部屋にいない時間は
念のためメルちゃんはケージ。。


DSC_1184.jpg
遊び盛りのビスが具合の悪いメルちゃんにタックルしちゃうの。
空気が読めないのは子猫だから仕方ないですね (-.-)


DSC_1169.jpg
腹水で日に日に大きくなるお腹を見るのはとても辛い。。
経験上、腹水が溜まって来ると、上記写真のような独特のスタイルをすることが多く見られます。
この体制が楽なんでしょうね。。
毎日、メルちゃんを撫でながら腹水胸水無くなれ無くなれと呪文のように唱えていますぅ
今は インターフェロン、抗生剤、ステロイドで様子をみています。
でもこれらは、対処療法で治すための治療ではなく緩和療法です 
切ない・・・


DSC_1154.jpg
ストレスになる病院通いは極力少なく メルちゃんが辛そうなら受診。
今日、夕方から辛そうな様子を見せてます。(尿の色からして黄疸も進んでいる様子)
ちゅ~るだけ口にしてくれたので、明日朝一で受診予定。
今夜急変しないことを願いつつ・・・見守ります。
明日は姪っ子の運動会があり、行くと約束しちゃって
行かないと不貞腐れるので・・・
よっぽど悪い状態でなければメルちゃんの様子を 旦那ちゃんにお願いしますぅ。

どうか、どうか穏やかに過ごせるよう願うばかりです



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村




スポンサーサイト