FC2ブログ
愛ネコ6匹&愛ウサギ1+ときどき保護ニャン+猫シェルターボランティアの様子を綴っています。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
きっちゃん 安らかに・・・
2016年11月20日 (日) | 編集 |
11/17(木)早朝 
我が家のご長老 ウサギのきっちゃんが永眠いたしました。
享年10歳5か月
それでも長生きしてくれたと思います。
こういう日が突然来るんだよね。。


経緯
それまでは元気だったきっちゃん
15日の夜・・・
きっちゃん元気が無くうずくまって具合悪そうにしているのに気づき
体がとても冷えていて、下痢もしていました
ちょっと油断してしまったかな。。
直ぐにヒーターや温かいペットボトルで体を温めて様子見
翌日16日に病院受診
触診にて色々診ていただきましたが原因わからず
歯も正常だし、他に炎症なども見られないし
たぶん高度医療をする動物病院なら血液検査等
直ぐにするのだろうけど
いつも診ていただいている主治医さんは無理なことはしない先生。
ウサギは無理な血液検査等でストレスにより更に悪化させてしまう
可能性があるので、まずは対処療法で下痢止めをし
様子をみることになって、
翌日になってもご飯食べないようならお腹のレントゲンを
撮ってみることに。

DSC_2808.jpg
病院での様子
いつもなら診察台の上では手を離せないのに
壁に向かってボーっとしてしまう

DSC_2811.jpg
自宅に帰ってからお薬飲ませて とにかく体を温めて温めて様子見。
チビコニも心配そうに覗き込んでますぅ

すると、16日の夜には下痢も治まり
大好きなフリーズドライのイチゴを数口食べてくれました。
でも依然元気も無く自宅で点滴等しながら
回復を願うしかなく・・・

DSC_2807.jpg
調子悪そう・・・

DSC_2813_20161120224525b9a.jpg
ケージの中では広くて暖かさを確保できないので
キャリーの中

心配ながらも深夜2時頃就寝して17日早朝5時くらいに猫達に起こされ
そのままきっちゃんの様子を見ると
きっと私たちが就寝して間もなく 虹の橋を渡ってしまった様子でした。。
(旅立つ時にそばにいてあげられなくてゴメンね

DSC_2826.jpg
まるで寝ているかのように安らかなお顔
特に大きな病気をせず、あまり病院にも罹らなかった子
10歳・・・個体の小さいネザーではご長寿だったと思います。
20日お見送りをして、小さな箱に入って我が家に戻ってきています。
我が家の猫さん達、たくさんの預かり猫さん達を見守ってきてくれた
優しいきっちゃん ありがとう。。




7月頃の写真
DSC_1541.jpg
涙目になってしまい病院受診した時の様子

DSC_1543.jpg
この時はパパさんにおさえてもらわないと歩き回って
危ないのでタオルに巻かれてます(^^;)


私が好きな写真
IMG_4556_20161120231928364.jpg
IMG_4557_20161120231929ae0.jpg
ウサギと猫のコラボ


DSC_0263_20161120224621489.jpg
たくさんの思い出が甦ってきて寂しくなります

仕事に、ボランティアと毎日走り回る日々で
ブログ更新、ブログ巡りを今年は特にサボってしまっていたので
ブログを通じてきっちゃんを気にかけてくださっていた方々には
ご報告が遅れて申し訳ございません。。
そして、ありがとうございました <(_ _)>


☆tonko☆




にほんブログ村



スポンサーサイト